やっと重い腰を……国土交通省がディーゼル黒煙調査 | レスポンス(Response.jp)

やっと重い腰を……国土交通省がディーゼル黒煙調査

エコカー 燃費

国土交通省は、ディーゼル車の使用過程における黒煙排出濃度の実態について把握するとともに、より低濃度な黒煙の測定が可能となるよう光透過式黒煙測定装置(オパシメータ)を使用したディーゼル黒煙の新たな検査手法について検査する。

茨城陸運支局、土浦自動車検査登録事務所、兵庫陸運支局、なにわ自動車検査登録事務所と茨城県内の指定整備工場で、車検を受けるディーゼル車の黒煙排出濃度を検査する。現在、使用している光反射式黒煙測定装置とオパシメータの両方で測定、データの相関について検討する。

国土交通省では、健康被害との因果関係が指摘されている使用過程ディーゼルの黒煙について初めて実態調査を行うもので、行政がやっと重い腰を上げた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品