グリーン化税制導入を見越して? 低排ガス認定車が急増 | レスポンス(Response.jp)

グリーン化税制導入を見越して? 低排ガス認定車が急増

エコカー 燃費

運輸省は低排出ガス車認定実施要領に基づいて低排ガス車の認定を行った。

それによると日産自動車の『エキスパート』や『AD』(OEM車のマツダ『ファミリア』、スバル『レオーネ』)や三菱自動車工業の『プラウディア』、『ディグニティ』、ホンダの『ライフ・ダンク』が新たに認定を受けた。

ライフ・ダンクは型式指定されたものだが、他の車種は低排ガス認定の星をもらうため申請して取得したもの。

グリーン化税制では、低排ガス車認定を受けて、2010年新燃費基準を達成している自動車は減税の恩恵が受けられるため、メーカーも販売促進のため、積極的の星の獲得を目指すと見られる。こうした動きを見据えてか、新型でもないのに星を獲得した車種が急増している。

認定は以下の通り。

(最新排ガス規制値の25%低減)

日産『エキスパート』
【TC-VW11】【TC-VNW11】
日産『AD』
【TB-VY11】【TB-VFY11】【TC-VHNY11】 
マツダ『ファミリア』
【TB-BVY11】【TB-BVFY11】【TC-BVHNY11】
スバル『レオーネ』
【TB-CVFY11】【TC-CVHNY11】
三菱 『プラウディア』
【TA-S32A】【TA-S33A】
三菱『ディグニティ』
【TA-S43A】

★★(最新排ガス規制値の50%低減)

ホンダ『ライフ・ダンク』
【LA-JB3】【LA-JB4】
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品