期待していいの!? うるさ〜いトラックに騒音規制を強化

エコカー 燃費

環境庁は21日、トラックや小型自動2輪車の騒音許容限度を引き下げを告示する。騒音の限度を引き下げて幹線道路の沿道地域の環境改善を図る。環境庁の告示と同時に運輸省は、道路運送車両法の道路運送車両の保安基準を改正し、2001年10月1日から施行する。

今回の改正で対象となるのは、大型車の前輪駆動車、トラクタ、クレーン車、トラックと小型自動2輪車、第2種原動機付自転車。定常走行騒音の測定速度を時速35km/hから50km/hに引き上げるなど、測定方法を変更する。車種ごとに許容限度を引き下げ、現行値と比較して加速走行騒音で1〜3dB、定常走行騒音で1〜6.1dB、近接排気騒音で5〜8dB低減される。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品