阪神・淡路大震災に耐えた三宮ターミナルビル、2018年3月末 閉館

鉄道 企業動向

2018年3月末に閉館する三宮ターミナルビル(左)
  • 2018年3月末に閉館する三宮ターミナルビル(左)
  • 2018年3月末に閉館する三宮ターミナルビル
  • JR神戸線 須磨付近
JR東海道線 三宮駅、神戸新交通ポートライナー・西神・山手線 三ノ宮駅に直結する三宮ターミナルビルが、開業から37年のときを経て閉鎖する。JR西日本などは3月6日、同ビルを「2018年3月末に閉館する」と伝えた。

1981年3月に開業した三宮ターミナルビル(神戸市中央区雲井通)は、JR東海道線 三宮駅などに直結した延床面積2万平方メートル・11階建てのビル。地上1・3・6~10階には三宮ターミナルホテル、地下2階から地上3階にショッピングセンター「三宮オーパ(OPA)」、そのほかレストラン、雑貨店、医院、調剤薬局、銀行ATMなどが入っている。

建物所有者は、JR西日本・三宮ターミナルビル・ジェイアール西日本ホテル開発の3社。同ビルについて3社は、「阪神・淡路大震災のさいには、相当の被害を受けたが、復旧工事や、耐震性能向上のための一定の補強工事を行い、営業を継続してきた」という。

同ビル閉鎖にいたる基準のひとつに、2013年11月施行の耐震改修促進法改正があるという。

「耐震改修促進法の改正を受け、耐震診断を行ったところ、耐震性能が不足していることが判明。耐震改修工事を検討してきたが、補強部材による支障により営業継続ができなくなることから閉館することに」

また具体的な解体などについてJR西日本は「新ビル計画などは引き続き検討していく。駅に直結している建物だが、営業に支障のないよう、夜間にすすめる作業もある。直結部分を閉鎖・バリアし、工事をすすめるイメージ」と話していた。

三宮ターミナルホテルは、2017年12月末に営業を終了させる予定。今後、テナントや関係者などとの調整をすすめ、準備が整い次第、営業を休止していくという。
《大野雅人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品