新金線貨物線の旅客化、地下鉄延伸・新設など検討…葛飾区が2017年度予算

鉄道 行政

JR新金貨物線(総武線支線)、葛飾区奥戸付近
  • JR新金貨物線(総武線支線)、葛飾区奥戸付近
  • JR新金貨物線(総武線支線)
  • 葛飾区のバス社会実験「新金01系統」
  • JR新金貨物線(総武線支線)、金町駅
  • 葛飾区のバス社会実験「新金01系統」が走る柴又街道
新金貨物線に旅客列車が走る日はくるか。東京都 葛飾区は2月6日、平成29年度当初予算案主要事業のなかで、新金貨物線の旅客化や地下鉄8・11号線の延伸、メトロセブンの新設などについて、2000万円の予算を割いて検討していくと発表した。

新金貨物線は、総武線の新小岩と常磐線の金町の間を南北に結ぶ線路。数時間おきに貨物列車が行き交い、定期旅客列車は走っていない。

地下鉄8・11号線の延伸は、半蔵門線押上から四ツ木や松戸へ、有楽町線豊洲から住吉、押上から四ツ木、亀有へと結ぶイメージ。実現に向け、江東区・墨田区・葛飾区・松戸市・東京都・千葉県などで構成される地下鉄8・11号線促進連絡協議会が要望や調査を実施してきた。

またメトロセブンは、江戸川区・葛飾区・足立区などを縦断する南北ルートの構想。東京都道318号 環状七号線(環七)に沿って環七高速鉄道を敷くというプランで、こちらは3区で促進協議会を設立し活動を行っている。

葛飾区は、東西に走るJR常磐線・総武線、京成線、北総線を、南北に結ぶルートの実現に向け、29年度予算内で「地域や公共交通の現状を把握し、課題を抽出したうえで、区が目指すべき公共交通網の構築に向けた方策の検討を行う」。

葛飾区は、こうした鉄道構想の検討のほか、堀切~お花茶屋地域新規バス路線や、地域乗合タクシー「さくら」バス路線化検討路線などの調査費、サイクル&バスライド、乗り継ぎバスターミナル、バス路線の走行環境整備、バス停現況調査、区内バス路線図の印刷などの整備費を助成する。29年度当初予算額は、一般会計1906億円。
《大野雅人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品