【CES 2017】日産 リーフ 次期型、近い将来投入へ

エコカー EV

日産リーフ・ベースの自動運転試験車(CES 2017)
  • 日産リーフ・ベースの自動運転試験車(CES 2017)
  • 日産リーフ
  • 日産リーフ
  • 日産リーフ
日産自動車は1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、次期『リーフ』に関する発表を行った。

現行(初代)リーフは2010年末、日本と米国で発売。欧州など世界市場に、販売エリアを拡大した。その後、バッテリー容量を増やした改良モデルを投入し、航続距離を延ばすなど、実用性を高めてきた。

リーフの世界累計販売台数は、25万台を突破。EVカテゴリーにおける日産のリーダーシップを、確固たるものとした。

CES 2017において、日産はそのポジションを盤石なものとすべく、リーフの次期モデルを近い将来、投入すると発表。次期型では、さらなる航続距離の延長や先進技術の搭載が見込まれる。

日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「次期リーフこそが、ニッサン・インテリジェント・パワーの次章の始まりになる」と語っている。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品