【東京モーターサイクルショー16】青山博一、MotoGPミシュランタイヤを語る…「スッと乗れる感じ」

モーターサイクル エンタメ・イベント

MotoGPテストライダーの青山博一選手と自動車ジャーナリスト今井優杏さん。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手と自動車ジャーナリスト今井優杏さん。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手と自動車ジャーナリスト今井優杏さん。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手と自動車ジャーナリスト今井優杏さん。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手と自動車ジャーナリスト今井優杏さん。
  • MotoGPテストライダーの青山博一選手。
ミシュランブースでは、MotoGPテストライダーの青山博一選手と自動車ジャーナリスト今井優杏さんのトークショーが1日3回おこなわれている。

青山選手が「人前で話すのは緊張します」と切り出すと、今井さんは「レースでは集中しているから緊張しないのですか?」と、すかさず質問。「みんな平静を装っていますが、レース前はかなり緊張していますよ。今回のトークショーはそれと同じくらい緊張します」と、青山選手は微笑みつつ返した。

開幕したMotoGPの今シーズンについて青山選手は「昨年にくらべ、トップ争いをするライダーが増えてきたと思います。差が縮まってきたのではないでしょうか」とコメント。タイヤがミシュランに変更になったことが影響しているという。

さらに次のようにトークし、会場を盛り上げた。

「本来、タイヤを変更すると、合う合わないなどが必ずありますから苦戦するライダーがいるはずなんですが、どのライダーに聞いても、乗りやすいねと言っています。僕も不器用なので、乗り換えなどで苦労する方なんですが、今季のタイヤはパッと乗って、スッと乗れる感じです」。

「市販車の17インチに対して、MotoGPや鈴鹿8耐などでは今まで16.5インチを使っていまして、(そのメリットは)パフォーマンスが出しやすいというのがありました。タイヤのリムが大きくなるとタイヤが薄くなりますから、性能を出しにくくなるんです。しかし市販車にその性能(レーシングテクノロジー)をフィードバックしようと、ミシュランの要望で今年からMotoGPや鈴鹿8耐のタイヤが17インチにかわりました」。

「0.5インチの違いで(ライディングの)世界はまったく変わってしまうのですが、ミシュランの開発陣は頑張りました。16.5インチに近いフィーリングを17インチで出してくれたのです」。

「1年ほど前にGPライダーらに17インチにすると告げたのですが、多くのライダーは反対しました。タイヤサイズが変わるというのは、そのくらい選手にとってたいへんなことなんです。しかし最終的に、みんなが納得できるタイヤをミシュランはつくってきてくれました」。

ブースは、2003年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオンであり、MotoGPを4年間走り、現在もHRCテストライダーとしてMotoGPに携わる青山選手の生トークを聞こうというファンで溢れかえった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  2. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

    ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  3. ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

    ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

  4. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  5. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  7. ベイズ、新型電動スクーター バイクルシリーズ 3モデルを発売

  8. BSスカパー!カスタム番組、バイきんぐ 小峠英二と愛車トライアンフ登場

  9. 二輪車ETC車載器、助成1万5000円、26日開始...NEXCO3社

  10. OGKカブト、レーシングモデル RT-33 に新グラフィックを追加

アクセスランキングをもっと見る