【東京モーターサイクルショー16】あの“旅するモデル”の愛車とキャンプシーンを再現…タナックスの大容量バッグ

モーターサイクル 企業動向

タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
  • タナックスブース(東京モーターサイクルショー16)
バイク用品メーカーのタナックス(千葉県流山市)は、泥だらけのヤマハ『セロー250』とキャンプグッズを展示し、リアルな野営シーンを展開。「このバイクやモノはすべて、あのモデルで旅ライターの山下晃和さんが所有するもの」と同社営業部長の重田真利氏はいう。

「山下さんのセロー250の左右に各20リットルのツアーシェルケースを付けて、上に参考出品のグランドシートバッグを載せた。このグランドシートバッグは、ポリカーボネート製の下部が30リットル、上部が40リットルで、あわせて70リットルという容量のプロトタイプ。合計で110リットルの積載量となり、ここに展示してある山下さんのキャンプ用品がすべて入る」と重田氏。

同社は、「山下さんが日頃愛用のキャンプ・アウトドアグッズを、グランドシートバッグやツアーシェルケースに積んで自宅から運んでもらった。この機会に、山下さんが設営するキャンプサイトや、愛車のセローを見にきてほしい」とアピールしていた。
《大野雅人》

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  2. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  3. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

    二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  5. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  6. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  9. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  10. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

アクセスランキングをもっと見る