「海のカーナビ」をわかりやすく…ガイドライン策定へ

船舶 行政

国土交通省は、海のカーナビ、安全航行に役立つ画面表示の統一化に向け国際海事機関が議論を開始したと発表した。

船舶にはレーダー、GPS、船舶自動識別装置など、様々な通信機器があり、船員はこれらの機器から自船と他船の位置・船速・針路、気象、航行水域の警報などの航海情報を受け取り、情報を管理する。ただ、多くの情報から必要な情報を取捨選択しなければならず、船員の負担となっていた。

こうした観点から統合的に理解しやすい情報管理のため、航海情報を一つの画面に表示する統合航海システムと呼ばれる装置が普及しつつあるが、通信機器との情報の互換性が充分でなく、航海情報の統合的表示を課題となっていた。

国際海事機関(IMO)は、第3回航行安全・無線通信・捜索救助小委員会を英国ロンドンで開催し、航海に必要な情報を統合して表示する国際的なガイドラインの検討を開始。

ガイドラインは2017年に最終化される予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

    日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  2. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

    海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  3. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

    ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  4. 古野電気、全周型カラースキャニングソナーを開発…国内外の漁船など向け

  5. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  6. 明治生まれの角島灯台、そのレンズの光を間近に見る…10月24日に夜間特別公開

  7. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  8. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

  9. 【ジャパンボートショー16】不沈ボートを開発、6月から販売開始…沖縄の中小企業

  10. 千葉港の新たな旅客船ターミナル、45分のクルーズ船から[フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る