GSユアサ、新型 プリウス にEN規格鉛蓄電池を補機用として供給

エコカー ハイブリッド

GSユアサは、同社開発によるEN規格(欧州統一規格)鉛蓄電池「LN1」が、トヨタ 新型『プリウス』の補機用鉛蓄電池として採用されたと発表した。

EN規格は欧州の寒冷な気候に合わせた規格で、鉛蓄電池も低温時の始動性能を示すCCAの優劣が重視される傾向にある。LN1は、温暖化が進む日本の気候風土に適応し、かつJISの安全性にも合致した「日本仕様のEN規格鉛蓄電池」として開発した。

また新型プリウスは、重心を低くして走行性能を高めるためのさまざまな改良がされているが、EN規格鉛蓄電池は従来のJIS規格の鉛蓄電池よりも高さが低く、車高を低く抑えた車両の設計にも対応できる。

GSユアサのEN規格鉛蓄電池は、JIS規格の鉛蓄電池で培った安心と性能を兼ね備えた技術を投入しており、2015年発売の『シエンタHV』には「LN0」、『アルファード/ヴェルファイアHV』には「LN2」が採用されている。GSユアサは、今後見込まれる日本市場でのEN規格鉛蓄電池の取り替え需要増加を見据え、順次ラインアップを拡充する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品