トワイライトエクスプレス涙の引退、最終運行到着にファン殺到

鉄道 エンタメ・イベント

最終のトワイライトエクスプレスが神戸方面から入線してきた。
  • 最終のトワイライトエクスプレスが神戸方面から入線してきた。
  • 大阪駅10番ホームに15時57分ほぼ定刻どおりの到着だ。
  • 式典会場前に停車したトワイライトエクスプレスの先頭車両。
  • 列車の行き先を表示するオーソドックスでとてもレトロな表示板だ。
  • 車体の側面にプリントされたトワイライトエクスプレスのエンブレム。
  • 客車に装備されたランプもレトロでムード満点のデザインだ。
  • 車窓にかけられたカーテン一つにも高級感を感じさせる配慮がなされている。
  • 最後の乗客(40名)を代表して東京都武蔵野市在住の中村友晴さんと同市在住の中村綾子さんがそれぞれ記念品を受け取った。
 2015年3月の大阪~札幌間定期運行終了後に一度引退した「トワイライトエクスプレス」。JR西日本がファンの熱烈なアンコールに応える形で、2か月後の5月に「特別なトワイライトエクスプレス」として見事復活を遂げた。

 車両編成は、客室を全て上位クラスの「スイート・ロイヤル」で特別再編成した。この列車のチケットは一般に販売されることは無く「団体ツアー専用臨時列車」として大阪~下関間を上下運行していたが、その臨時運行も2016年3月21~22日に走行する下関~大阪(上り)列車をもって、最後の運行となった。

 二度目の引退となる「特別なトワイライトエクスプレス」は昨日(21日)に下関を発車し山陰を巡り米子~倉敷に抜けるコースを巡り、終着駅となる大阪には本日(22日)の15時57分に到着した。定刻は49分だからやや遅れての到着となった。

 手に手にカメラを持った多数のファンが列車の入線するプラットホームを埋め尽くし、ラストランの「特別なトワイライトエクスプレス」を記念に残そうと待ちかまえる中、深い緑に塗装された四角い雄姿を見せ始めると、一斉にシャッターが連打された。

 終着駅となった大阪駅では、列車到着後に特別編成での運行を締めくくる「最終運行到着式」が開催された。式典ではJR西日本大阪駅駅長をはじめ大阪車掌区区長と最終運行列車の乗務スタッフらが出席し「長年のご愛顧に感謝します」とあいさつ。また、最終便に乗車した乗客の代表者に記念品を贈呈するなどして、復活から約1年間の特別列車運行を締めくくった。

 式典の終了と共に回送される時間が迫り、JR西日本大阪車掌区長の出発の合図で、特別な「トワイライトエクスプレス」は汽笛を一声、車庫へ向かった。見送るファンから拍手と「うわっー」という叫び声があがり、惜しまれつつ列車はプラットホームを後にした。列車が出た後のホームには最終便に乗務したスタッフが一列に並び、記念撮影に応じていた。

 ちなみに引退した車両の一部は、4月にオープンする京都鉄道博物館に展示されるとのこと。また来年の春にはトワイライトエクスプレスのコンセプトを引き継ぐ形で「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が運行される予定になっており、たとえば車内のモニターがブラウン管だったところに薄型液晶モニターを採用するなど、車両も装備も新たに登場する。

「うわっー」とファンが!…トワイライトエクスプレス最終運行到着で

《鈴池和久@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  3. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

    エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  4. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  5. 札幌市営地下鉄東豊線の7000形がラストラン…6月25日

  6. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  7. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  8. 札幌市地下鉄17年ぶりの新車「9000形」が東豊線にデビュー

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る