2015年の国内線の旅客人数1.4%増、国際線は11.5%減…羽田=小松線は3割減

航空 行政

国土交通省は、2015年の航空輸送統計を発表した。

国内定期航空輸送の旅客人数は、前年比1.4%増の9587万人と前年を上回った。このうち、幹線が同3.6%増の4131万人、ローカル線が同0.1%減の5456万人と、幹線が全体を引っ張った。貨物重量は同1.8%減の91万9356トンと前年割れだった。

旅客人数トップは前年と同じ羽田=新千歳で同1.4%増の886万1676人だった。2位が羽田=福岡で同0.6%減の818万4284人、3位が羽田=大阪が横ばいの522万5954人だった。1~6位までは前年と同じだった。7位は前年9位だった羽田=長崎、8位が前年10位だった福岡=沖縄だった。前年7位だった羽田=広島は9位だった。

LCC(格安航空会社)就航の効果で成田=新千歳は同25.5%増の126万5129人となり前年の14位から10位にアップした。関西=沖縄も同14.2%増の111万6531人で、前年の20位から14位に順位を上げた。

また、北陸新幹線開通の影響で羽田=小松は同29.1%減の164万4442人と大幅に減少して19位に転落した。


国際航空輸送の旅客人数は、同11.5%増の1789万人と大幅に増加した。

方面別では、韓国線を除いて前年を上回った。中国線が同11.6%増の333万2800人、その他アジア線が同20.2%増の760万4637人、米大陸線が同9.4%増の242万5938人、太平洋線が同6.2%増の152万1039人だった。欧州線が同3.3%増の135万6232人、オセアニアが同10.0%増の15万5904人だった。

韓国線は同7.9%減の149万1594人と低調だった。

貨物重量は同0.9%増の140万2155トンだった。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品