2015年の国内線の旅客人数1.4%増、国際線は11.5%減…羽田=小松線は3割減

航空 行政

羽田空港出発カウンター(イメージ)
  • 羽田空港出発カウンター(イメージ)
  • 成田空港 第2旅客ターミナル(参考画像)
  • 日本の24時間空港のひとつ、関西国際空港(KIX)の朝
国土交通省は、2015年の航空輸送統計を発表した。

国内定期航空輸送の旅客人数は、前年比1.4%増の9587万人と前年を上回った。このうち、幹線が同3.6%増の4131万人、ローカル線が同0.1%減の5456万人と、幹線が全体を引っ張った。貨物重量は同1.8%減の91万9356トンと前年割れだった。

旅客人数トップは前年と同じ羽田=新千歳で同1.4%増の886万1676人だった。2位が羽田=福岡で同0.6%減の818万4284人、3位が羽田=大阪が横ばいの522万5954人だった。1~6位までは前年と同じだった。7位は前年9位だった羽田=長崎、8位が前年10位だった福岡=沖縄だった。前年7位だった羽田=広島は9位だった。

LCC(格安航空会社)就航の効果で成田=新千歳は同25.5%増の126万5129人となり前年の14位から10位にアップした。関西=沖縄も同14.2%増の111万6531人で、前年の20位から14位に順位を上げた。

また、北陸新幹線開通の影響で羽田=小松は同29.1%減の164万4442人と大幅に減少して19位に転落した。


国際航空輸送の旅客人数は、同11.5%増の1789万人と大幅に増加した。

方面別では、韓国線を除いて前年を上回った。中国線が同11.6%増の333万2800人、その他アジア線が同20.2%増の760万4637人、米大陸線が同9.4%増の242万5938人、太平洋線が同6.2%増の152万1039人だった。欧州線が同3.3%増の135万6232人、オセアニアが同10.0%増の15万5904人だった。

韓国線は同7.9%減の149万1594人と低調だった。

貨物重量は同0.9%増の140万2155トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  2. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  3. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

    ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

  4. ボーイング、ベトジェットエアから「737MAX200」100機を正式受注

  5. バンコクエアウェイズ、オーストリア航空とコードシェアを開始…東南アジア8路線が対象

  6. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  7. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  8. JALの熊本支援プロジェクト、第1弾は「阿蘇の牛乳」で

  9. 関西国際空港、航空機発着回数や航空旅客人数が過去最高…4月

  10. MRJ、日本海上空や随伴機なしで飛行試験

アクセスランキングをもっと見る