JXエネルギー、愛知県5か所目の水素ステーションを刈谷市に開所…全国31か所目

自動車 ビジネス 国内マーケット

JXエネルギーは3月22日、愛知県刈谷市に「刈谷井ケ谷水素ステーション」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、昨年開所した「Dr.Driveセルフ三好ケ丘店」「Dr.Driveセルフ岡崎羽根店」「Dr.Driveセルフ神の倉店」、今年3月に開所した「安城尾崎水素ステーション」に続き、同社として愛知県における5か所目の水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所した刈谷井ケ谷水素ステーションを含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計31か所となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  3. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

    ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  4. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  5. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  6. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  7. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  8. 三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長

  9. 【ものづくりワールド16】旭硝子、スマートウォッチを利用した現場効率化ソリューションを提案

  10. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

アクセスランキングをもっと見る