横浜綱島水素ステーション、ブリヂストンの水素充填用ホースを採用

自動車 ビジネス 国内マーケット

水素充填用ホース
  • 水素充填用ホース
  • 横浜綱島水素ステーションおよびスイソテラス
ブリヂストンは、「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン(SST)」内の「横浜綱島水素ステーション」に、高耐圧性の水素充填用ホースを納入したと発表した。

横浜綱島水素ステーションはJXエネルギーが運営するTsunashima SST内の水素供給拠点で、未来の水素社会をリードする情報発信型水素提供フィールドとして位置付けられている。同ステーションは3月1日から営業を開始、併設するショールーム「スイソテラス」も3月15日に開所。充填模擬体験コーナーを設置し、ブリヂストンの水素充填用ホースも展示している。

水素ステーションで使用される水素は高圧で圧縮されており、車両への水素充填用ホースには高耐圧性が求められる。ブリヂストンの水素充填用ホースは、国内の水素ステーションにおける水素充填時の最高圧力82MPaに対応。これまで、JXエネルギーの第1号水素ステーションをはじめ、全国各地の多くの水素ステーションで採用されている。
《纐纈敏也@DAYS》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品