北海道の「長~~い」普通列車、距離は2位に転落…1位は再び山陽線

鉄道 企業動向

普通列車では日本最長距離・最長時間を誇る根室本線滝川~釧路間の普通列車2429D。ダイヤ改正後は列車番号が2427Dに変わり、距離では2位に「転落」する。
  • 普通列車では日本最長距離・最長時間を誇る根室本線滝川~釧路間の普通列車2429D。ダイヤ改正後は列車番号が2427Dに変わり、距離では2位に「転落」する。
  • ダイヤ改正に伴い、最も長い距離を走る普通列車は山陽本線岡山~下関間の普通列車369Mに。車両は写真の115系電車が使われるとみられる。
北海道の根室本線で運行されている最長距離・最長時間のJR普通列車が、3月26日のダイヤ改正で運行距離では2位に「転落」し、中国地方の山陽本線を走る普通列車に1位を譲ることが分かった。運行時間は根室本線の普通列車が、引き続きJR最長を維持する。

現在、JR線で最も長い距離を走る定期運行の普通列車は、根室本線の滝川駅から釧路駅までの308.4kmを、8時間27分かけて走る普通列車(列車番号2429D)。以前は山陽本線の岡山~徳山~新山口間315.8kmを5時45分で結ぶ普通列車(列車番号371M)があり、距離では371M、時間では2429Dが最も長かった。

しかし、2015年3月14日のダイヤ改正で、371Mの運行区間が岡山~徳山間271.5kmに短縮。これにより2429Dが距離・時間ともに日本一長い普通列車になっていた。

今回のダイヤ改正では、371Mの運行区間が岡山~徳山~新山口~下関間の384.7kmに拡大され、列車番号も369Mに変わる。このうち岡山~徳山間は、現在の371Mとほぼ同じ時刻で運行。徳山~下関間は、岩国~徳山~下関間で現在運行されている普通列車(列車番号3389M)を統合する形になる。全体の所要時間は7時間33分だ。

一方、根室本線の2429Dは、列車番号が2427Dに変更されるが、運行区間は現在と同じ滝川~釧路間のまま。所要時間は8時間21分で、今より6分短縮される。この結果、最も長い距離を走る普通列車は山陽本線の369Mに。最も長い時間をかけて運行される普通列車は、引き続き根室本線の2427Dとなる。

ダイヤ改正後の運行時刻は、根室本線の2427Dが滝川9時40分発~新得12時52分着・12時57分発~帯広14時11分着・14時47分発~釧路18時01分着。山陽本線の369Mは、岡山16時17分発~広島19時09分着・19時14分発(土曜・休日は19時05分着・19時13分発)~徳山21時27分着・22時00分発~新山口22時42分着・22時43分発~下関23時50分着になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  4. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  5. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  6. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  7. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  8. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  9. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る