【スズキ バレーノ】コンパクトボディながらゆとりある居住空間を確保…チーフエンジニア

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
スズキ『バレーノ』は、新開発のBセグメント用プラットフォーム採用により、コンパクトなボディサイズながらゆとりある居住空間と荷室空間を作り上げることができたという。

そう話すのは、スズキ四輪技術本部第二カーラインバレーノ担当チーフエンジニアの伊藤邦彦氏だ。バレーノのボディサイズは全長3995×全幅1745×全高1470mmだ。

また新開発のBセグメント用プラットフォームを初採用。エンジン搭載角度の変更を始めエンジンルームのコンパクト化。それにより「室内空間拡大により前後乗員間距離を805mmとし、後席の足元スペースを十分確保した」と述べる。

更に、荷室はラゲッジモード仕様で、320リットルの大容量を実現。「ラゲッジモードとリアシートのアレンジ次第で、フラットな荷室や更なる容量増など、ユーザーニーズに合わせて利用可能だ。リアシートを倒さない状態でも 9.5インチのゴルフバックやベビーカーの搭載も可能となっている」とした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  5. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  6. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

  7. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  8. マセラティ クアトロポルテ 改良新型に偶然遭遇!?

  9. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  10. BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円

アクセスランキングをもっと見る