北陸新幹線、在来線特急の約3倍に…延伸開業1年間の利用状況

鉄道 企業動向

JR西日本は北陸新幹線の延伸開業後1年間の利用状況を発表。上越妙高~糸魚川間で925万8000人が利用した。
  • JR西日本は北陸新幹線の延伸開業後1年間の利用状況を発表。上越妙高~糸魚川間で925万8000人が利用した。
  • 北陸新幹線は開業前の在来線特急に比べ3倍近い利用があった。写真は北陸新幹線の延伸開業に伴い廃止された在来線特急『はくたか』。
  • JR西日本管内で最も利用者が多かったのは金沢駅。1日あたり8600人が乗車した。
  • JR西日本管内で最も利用者が少なかったのは糸魚川駅。1日あたり400人が乗車した。
JR西日本は3月17日、北陸新幹線の延伸開業後1年間の利用状況を発表した。開業前の在来線特急に比べ、3倍近く利用者が増えている。

北陸新幹線は、東京都から長野市、富山市を経て大阪市に至る計画の新幹線。東京~高崎間は東北・上越新幹線との線路共用区間で、高崎~長野間が1997年10月に開業。2015年3月14日に長野~上越妙高~金沢間が延伸開業した。このうち高崎~長野~上越妙高間はJR東日本、上越妙高~金沢間はJR西日本が運営している。

JR西日本の発表によると、開業日の2015年3月14日から今年3月13日までの利用実績は、上越妙高~糸魚川間で925万8000人。前年の在来線特急『はくたか』『北越』の利用実績(直江津~糸魚川間)に比べ、295%の利用があった。

月の半分程度の日数しか含まれていない3月を除くと、最も利用者が多かった月は2015年8月(91万9000人)。最も少なかったのは今年1月(61万2000人)だった。前年比では、2015年4月から11月までおおむね300%台で推移したが、12月以降は200%台にとどまっている。

自動改札機を通過した人の乗車人員(1日あたり)は、金沢駅の利用者が8600人と最も多く、富山駅の4700人、新高岡駅の1500人、黒部宇奈月温泉駅の800人が続く。最も少なかったのは糸魚川駅の400人だった。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

    【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  4. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  5. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  10. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

アクセスランキングをもっと見る