JR貨物、青函トンネル新幹線共用で「付加料金」設定…4月1日から

鉄道 企業動向

JR貨物は3月16日、青函トンネルを通過する貨物を対象に「青函付加料金」を導入すると発表した。4月1日から実施する。

原則として東北・関東・東海・関西・九州各支社管内~北海道支社管内間の貨物を対象に、付加料金を設定。金額は12フィートコンテナが1000円、20フィートコンテナが2000円、31フィートコンテナが2500円になる。当面の設定期間は2019年3月31日までで、同年4月1日以降は「その後の状況」に応じて案内するという。

青函トンネルは、青森県と北海道の間にある津軽海峡をくぐる海底鉄道トンネル。新幹線と在来線が共同で使用することを前提に建設され、1988年3月に在来線(海峡線)として開業した。今年3月26日には北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開業し、在来線の貨物列車と新幹線の旅客列車が青函トンネルを共用するようになる。

JR貨物の発表によると、新幹線と貨物列車の共用走行に伴い、新型電気機関車の投入や施設の改修工事などで総額約160億円にのぼる設備投資を行う。「先例のない共用走行の安全性を最大限確保しつつ、北海道物流における鉄道貨物輸送へのご期待に応え、将来にわたりこれを維持・発展させていく」として、付加料金を導入することにしたという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  4. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  5. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  6. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る