【ATTT16】イードとレイ・フロンティア、e燃費 次期バージョンを共同開発

エコカー 燃費

e燃費次期バージョン 開発中アプリ画面のイメージ
  • e燃費次期バージョン 開発中アプリ画面のイメージ
  • e燃費次期バージョン 管理画面のイメージ
イードは3月16日、レイ・フロンティアと業務提携し、燃費計測サービス「e燃費」の次期バージョンを共同開発すると発表した。両社は、3月16日から18日に東京ビッグサイトで開催される「第7回 国際自動車通信技術展(ATTT)」に共同出展する。

レイ・フロンティアは、AIを使った行動情報の分析・調査事業などを展開するITベンチャー。 移動手段や経路、歩数を自動で記録し、撮影した写真とともに時間軸に沿ってまとめるiPhone向けライフログアプリ「サイレントログ」などをリリースしている。今回両社は、モビリティの移動解析および、そのユーザーのライフスタイル理解の分野において、共同でビジネス開発を行うことに合意した。

両社は業務提携の第一弾として、e燃費の次期バージョンを共同開発。e燃費のユーザー65万人に対してレイ・フロンティアの「サイレントログ」の技術を応用した、ドライブログ機能を提供する。ドライブログ機能では、短距離・長距離それぞれのマイカー利用傾向がわかり、燃費計測と連動したドライブ診断を他のユーザーと比較したり、走行履歴としてログを残すことも可能になる。

さらにユーザーデータをクラウド上に集めることで、ドライバーの集合知を解析し、計測燃費と、トリップ回数や平均車速、ゴー・ストップ回数など、ドライブの実態とのクロス集計も可能となる。

e燃費は国内外の自動車メーカー10社とデータ解析を通じた取引実績があるが、今後はレイ・フロンティアの人工知能を活用したビッグデータ解析技術によって、新型車開発における実用燃費向上のために貢献することを目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 東芝、ワイヤレス充電採用の中型EVバスで高速道路の実証走行を開始

    東芝、ワイヤレス充電採用の中型EVバスで高速道路の実証走行を開始

  2. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  3. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

    【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  4. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  5. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  6. 東芝初の商用EVバス、川崎で運転開始…乗客年齢層の推定機能も搭載

  7. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  8. 【リコール】VW ポロの電気装置……制動灯が点灯不良の恐れ

  9. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

  10. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

アクセスランキングをもっと見る