国産初の量産型蒸気機関車、重要文化財に…京都鉄道博物館で展示 | レスポンス(Response.jp)

国産初の量産型蒸気機関車、重要文化財に…京都鉄道博物館で展示

鉄道 行政

JR西日本が所有する230形蒸気機関車の1両(233号)がこのほど、国の重要文化財に指定される見込みとなった。文部科学大臣・文化庁長官の諮問機関である文化審議会が3月11日、233号を重要文化財に指定するよう文科相に答申した。

文化庁とJR西日本の発表によると、233号は逓信省鉄道作業局が汽車製造に発注し、1903年度に完成したタンク式の蒸気機関車。2軸の動輪と2軸の補助輪(先輪1軸・従輪1軸)を備えている。

1909年までに51両が製造された国産初の量産型機関車で、現存する国産の量産型蒸気機関車としても最も古い。蒸気機関車国産化の「先鞭をつけた型式の車両として、鉄道史、産業史上などに学術価値が高い」(文化庁)という。

233号は交通科学博物館(大阪市港区)で保存されてきたが、同館は2014年4月6日で閉館。今年4月29日にオープン予定の京都鉄道博物館(京都市下京区)に移って展示される予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品