【スズキ バレーノ】軽くて強い新開発プラットフォーム、1トンを切る軽さに貢献

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ『バレーノ』 スタイリング_サイド3
  • スズキ『バレーノ』 スタイリング_サイド3
  • スズキ『バレーノ』 プラットフォーム
  • スズキ『バレーノ』 サスペンション_フロント
  • スズキ『バレーノ』 スタイリング_リヤ1
  • スズキ『バレーノ』 ハイテン材使用範囲
  • スズキ『バレーノ』 メーター_カラー液晶ディスプレイ_XTセットオプション
  • スズキ『バレーノ』 サスペンション_リヤ
  • スズキ『バレーノ』 アクセル、ブレーキ操作表示
インドのマルチ・スズキ・インディアでつくられるBセグメントのグローバル展開モデル『バレーノ』は、現行のホンダ『フィット』や日産『ノート』、フォード『フィエスタ』などに比べて200kg前後軽い。軽量化に貢献した要素のひとつに、Bセグ用新開発プラットフォームがある。

同社は、『アルト』などで実績のあるプラットフォームをベースに、軽量・高剛性を両立したBセグ用プラットフォームを新開発。このバレーノに初めて採用した。

アンダーボディは、主要構造や部品のレイアウトを全面刷新。剛性、静粛性、衝突性能、走行性能などの向上と、軽量化を同時に実現。骨格部を連続化し滑らかな形状とし、板厚を最適化しながら補強部品を減らし、軽量化とボディ剛性強化を両立させたという。

また、引張強度440~780Mpaの高張力鋼板が全体の30%、980Mpaの超高張力鋼板が16%採用され、ボディ全体の46%に高張力鋼板が使われたことも、軽量化と剛性強化に貢献している。

現行のホンダ『フィット』や日産『ノート』、フォード『フィエスタ』などの車両重量が1トンをやや超えるなか、新たに開発されたコンパクトエンジンやプラットフォームなどによって、バレーノはXG(NA車)が910kg、XT(ターボ車)が950kgと、1トンを切る軽さを実現した。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  5. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  10. 5ドアとは違う…フォード フィエスタ 次期型、3ドアのスポーティな姿

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら