【ホンダ クラリティ フューエル セル】三部執行役員「FCVの特許はオープンにしていく」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ クラリティ フューエル セル 発表会
  • ホンダ クラリティ フューエル セル 発表会
  • ホンダ 三部敏宏 執行役員
ホンダは3月10日、燃料電池車(FCV)の市販モデル『クラリティ フューエル セル』を同日、まず日本から発売すると発表した。トヨタ自動車の『MIRAI(ミライ)』とともに、日本メーカーが水素社会構築とFCVの普及をリードしていく展開だ。

普及に向けては企業間の「競争と協調」も不可欠で、トヨタは2015年1月に5680件のFCV関係特許(水素ステーション含む)の無償提供を発表した。ホンダのFCV開発担当役員である三部敏宏執行役員は「今回の『クラリティ フューエル セル』にはトヨタさんの特許は使っていない」としたうで、トヨタの方針は「FCVの普及に向けた素晴らしい判断」と讃えた。

ホンダによると同社のFCV関連特許は4000件程度にのぼるという。三部執行役員は「FCVの特許関係は、すべての自動車メーカーとの間でオープンに進めたい」とし、双方が特許を供与し合うクロスライセンスなども含め、「公開」を前提とする方針を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  2. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

    BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  3. ルノー、グラン セニック 新型を発表…240mm長く

    ルノー、グラン セニック 新型を発表…240mm長く

  4. 【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」

  5. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  6. 【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

  7. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  8. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  9. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  10. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

アクセスランキングをもっと見る