【ホンダ クラリティ フューエル セル】八郷社長「PHVとの共通化でコスト低減図る」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダ クラリティ フューエル セルと、八郷隆弘社長
ホンダは3月10日、燃料電池車(FCV)の市販モデル『クラリティ フューエル セル』を同日発売すると発表した。国内では自治体や法人向けに初年度200台をリース販売する計画だ。

FCVの普及には水素ステーションといったインフラの整備が急務だが、八郷隆弘社長は自動車メーカーとしては「一層のコスト低減に務めたい」と強調した。700万円を超える価格は顧客にも高値の花だが、自動車メーカーにも現状の生産量では採算割れだ。

ホンダは『クラリティ フューエル セル』の開発に当たり、燃料電池スタックなどパワートレーンのコンパクト化によってガソリン車の車体パッケージにも収まるよう力を注いできた。同時に新開発のプラットフォーム(車台)は、FCVだけでなく他のモデルへの流用も念頭に置いたそうだ。

そのひとつがプラグインハイブリッド車(PHV)であり、八郷社長によると開発の初期から「FCVとPHVそれぞれに、どんなパッケージングが必要かをスリ合わせた」という。この結果、このプラットフォームでのPHVの開発も進めることとなり、このほど「2018年までに北米に投入する」(八郷社長)方針も打ち出した。

FCVもPHVも普及初期の段階なので大きなボリュームは期待できないが、「コスト低減には少しでも数を増やすこと」と、八郷社長は地道な取り組みの重要性を強調している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

    日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  2. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

    VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  5. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …全体像が見えた

  6. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  7. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  8. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  9. トヨタ、イノーバ・クリスタ をインドで発売… 2代目新興国ミニバン

  10. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

アクセスランキングをもっと見る