横浜シーサイドラインに女性運転士…開業以来初

鉄道 企業動向

横浜シーサイドラインの列車。原則として自動運転を行っているため、運転士が列車に乗って運転することはほとんどない。
  • 横浜シーサイドラインの列車。原則として自動運転を行っているため、運転士が列車に乗って運転することはほとんどない。
新杉田(横浜市磯子区)~金沢八景(金沢区)間の新交通システム「シーサイドライン」を運営する横浜シーサイドラインは3月10日、開業以来初となる女性運転士が誕生したと発表した。

同社によると、2月の動力車操縦者技能試験で3人が合格。このうち2人が女性という。今後は運転訓練などで単独乗務する。

シーサイドラインではドライバーレスの自動運転を行っているため、男性も含め運転士が列車に乗って運転することはほとんどない。運転訓練や異常気象、車両故障の際には運転士による運転が行われる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  10. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

アクセスランキングをもっと見る