横浜シーサイドラインに女性運転士…開業以来初

鉄道 企業動向

横浜シーサイドラインの列車。原則として自動運転を行っているため、運転士が列車に乗って運転することはほとんどない。
  • 横浜シーサイドラインの列車。原則として自動運転を行っているため、運転士が列車に乗って運転することはほとんどない。
新杉田(横浜市磯子区)~金沢八景(金沢区)間の新交通システム「シーサイドライン」を運営する横浜シーサイドラインは3月10日、開業以来初となる女性運転士が誕生したと発表した。

同社によると、2月の動力車操縦者技能試験で3人が合格。このうち2人が女性という。今後は運転訓練などで単独乗務する。

シーサイドラインではドライバーレスの自動運転を行っているため、男性も含め運転士が列車に乗って運転することはほとんどない。運転訓練や異常気象、車両故障の際には運転士による運転が行われる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 東京メトロ、日比谷線の新型車両「13000系」公開…7両4ドアに統一へ

    東京メトロ、日比谷線の新型車両「13000系」公開…7両4ドアに統一へ

  2. 新生・JR千葉駅、11月20日に一部オープン…駅機能は3階に

    新生・JR千葉駅、11月20日に一部オープン…駅機能は3階に

  3. 千葉のお座敷電車「ニューなのはな」、完全引退は9月に

    千葉のお座敷電車「ニューなのはな」、完全引退は9月に

  4. JR北海道、石北線の上川~遠軽間で臨時バス 9月1日から

  5. 天竜浜名湖鉄道と台湾集集線が姉妹協定…切符交換企画を実施

  6. C11 207 本州上陸、東武に次々と集まる車掌車・客車・転車台[フォトアルバム]

  7. 東日本の鉄道各線、台風10号で運休区間拡大

  8. 日本信号とJR西日本が資本業務提携---新信号システム装置を開発へ

  9. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

  10. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら