【ホンダ クラリティ フューエル セル】峯川専務「1年半後には個人向け販売も」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ クラリティ フューエル セル 発表会
  • ホンダ クラリティ フューエル セル 発表会
ホンダは3月10日、燃料電池車(FCV)の市販モデル『クラリティ フューエル セル』を同日発売すると発表した。5人乗りのセダンタイプで価格は税込み766万円。日本では当面、リースで初年度200台を販売する計画だ。

リースは自治体や法人向けを対象とする。FCVには約200万円の国による補助金のほか自治体独自の補助制度もあり、リース料金はそれらや契約期間などによって決める。国内営業を担当する峯川尚専務執行役員は、リースではおおむね7割が自治体になるとの見通しを示した。

一方、国内での個人向け販売について峯川専務は「リースでの利用状況などの知見を踏まえ、1年半くらいの時間をおいて始めたい」と述べた。2017年秋くらいとなる見通しだ。販売形態は売り切りになるという。

また、トヨタ自動車が14年末から販売を始めた「MIRAI(ミライ)」との違いについては、広い室内などにより「ストレスなく使えるクルマに仕上がった」と指摘し、「そこを訴求していきたい」と話した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  3. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  4. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  7. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  8. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  9. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  10. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら