ホンダ、新型FCV クラリティ フューエル セル のリース販売開始…一充填走行距離750km

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • Honda インターナビ+リンクアップフリー
  • Apple Carplay画面イメージ
  • FCVテレマティクス スマートフォン画面イメージ
  • デジタルグラフィックメーター
  • ヘッドアップディスプレイ
ホンダは、新型燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエル セル』を3月10日に発売した。

クラリティ フューエル セルは、ホンダ独創の技術により燃料電池パワートレインの小型化を図り、ボンネット内に搭載することで、セダンタイプのFCVとして世界で初めて5人乗りを実現した。

また、70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減により、ゼロエミッション車で世界トップクラスの約750kmを達成。通勤からロングドライブまで、日常使用のクルマとしての実用性を大幅に向上させた。また一回あたりの水素充填時間は3分程度と、ガソリン車と変わらない使い勝手も実現している。

さらに、力強さと流麗さを併せ持ったエクステリアデザインや、最高出力130kWの高出力モーターによる静かで力強くなめらかなドライブフィールなど、時代の先端にふさわしい先進的魅力を備えたFCVに仕上がっている。また、同日発売の可搬型外部給電器「パワーエクスポーター9000」を組み合わせることで、「走る電源」として一般家庭のおよそ7日分の電力を供給できる。

価格は766万円。導入初年度は自治体や企業向けにリースを行い、ユーザーから意見、要望を収集したのち、個人客への販売も行う予定だ。

生産は、生産企画統括部/パワートレイン生産企画統括部(栃木県塩谷郡高根沢町)で少量生産から開始し、その後生産規模を拡大する計画。また、2016年中に米国や欧州での展開を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

    生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  2. ポルシェ パナメーラ 次期型、画像リーク…4.0ターボ搭載か 6月29日正式発表

    ポルシェ パナメーラ 次期型、画像リーク…4.0ターボ搭載か 6月29日正式発表

  3. アウディ最小SUVにも“S”…300馬力の「SQ2」を見た

    アウディ最小SUVにも“S”…300馬力の「SQ2」を見た

  4. トヨタ、C-HR 欧州仕様車のインテリアデザインを公開

  5. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  6. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

  7. シトロエン C3 新型、コンピュータ設計画面が見えた…6月29日発表直前

  8. BMW X3/X4、ドライバー支援システムやレザーシートなどを標準装備化

  9. BMW X3、ブラック一色で統一した特別限定モデルを発売

  10. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

アクセスランキングをもっと見る