【スズキ バレーノ】伊藤チーフエンジニア「競合車はポロ、フィエスタ、i20」

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ 第二カーライン 伊藤邦彦 チーフエンジニア
  • スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ バレーノ 発表会
  • スズキ バレーノ 発表会
スズキは3月9日、新型コンパクトハッチバック車『バレーノ』を発売した。チーフエンジニアを務める伊藤邦彦氏は「日本市場にバレーノにマッチするモデルがない」とした上で、「フォード『フィエスタ』やフォルクスワーゲン『ポロ』をターゲットにしている」と明かす。

その理由として伊藤氏は「営業サイドとしてはホンダ『フィット』やマツダ『デミオ』、日産自動車『ノート』などを競合車として想定しているようだが、やはり日本では荷物が積めたり、居住性の良さが訴求ポイントのメインになっていって、だんだん背が高くなっている」と指摘。

その上で「バレーノは格好良さと居住性をバランスさせることを目標に開発しているので、グローバルで通用する格好良いというカテゴリーの中で比べるとフィエスタやポロ、ヒュンダイモーターのi20などがターゲットになってくる」と述べた。

このためターゲットユーザーに関しても「スズキとしては走りが良くなければだめだと思う。やはりファミリーユースにカテゴライズされてしまうと、広ければ良いといった議論になってしまうので、バレーノは『スイフト』の兄貴分という位置づけ。スイフトのユーザーにも後席や荷室が狭いと仰る方も多いので、そういう方々に是非乗って頂きたい」と話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  8. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. 【日産 セレナ 新型】横浜ゴム、BluEarth E52を新車装着

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら