【スズキ バレーノ】居住性に優れたコンパクトハッチ、141万4800円から

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ XT
  • K12C型デュアルジェット エンジン
  • K10C型ブースタージェット エンジン
  • スズキ バレーノ XG
  • スズキ バレーノ XT
  • スズキ バレーノ XT
  • スズキ バレーノ XG
スズキは、インド生産のコンパクトハッチバック、新型『バレーノ』を3月9日より発売する。1.0リットルターボ「XT」と1.2リットルNA「XG」の2グレードを設定し、「XT」は5月13日より発売する。

新型バレーノは、デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させたコンパクトハッチバック。インド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、自社ブランドの輸入車として日本で販売する。

エクステリアは、ロー&ワイドで力強くエレガントなスタイリング。Bセグメント用の新開発プラットフォームの採用により、全長4mクラスのコンパクトなボディサイズとしながら、レイアウトを効率化することで、ゆとりある居住空間と荷室スペースを確保したパッケージングを実現している。

パワートレインは、最高出力111psを発生する新開発1.0リットル3気筒直噴ターボと6速ATの組み合わせ、最高出力91psの1.2リットル4気筒NAとCVTの組み合わせの2種類とし、軽量で高剛性の新開発プラットフォームに搭載した。しなやかで快適な乗り心地を追求した足まわりとあわせて、高い走行性能と優れた燃費性能を実現した。

さらに、衝突被害軽減システム レーダーブレーキサポートIIやアダプティブクルーズコントロール(ACC)を標準装備。先進安全技術とロングドライブをサポートする機能を充実させた。

価格はターボモデルのXTが161万7840円、NAモデルのXGが141万4800円。バレーノはすでにインドで販売しており、グローバルコンパクトカーとして、日本に続いて欧州をはじめ世界の市場に展開する計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

    シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  4. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  5. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  6. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  7. トヨタ ポルテ/スペイド に特別仕様、ウォッシャブルカバーシートなど装備

  8. ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

  9. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  10. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

アクセスランキングをもっと見る