【スズキ バレーノ】鈴木社長「インドから供給するグローバルモデル」

自動車 ニューモデル 新型車

左から、スズキの鈴木俊宏社長、駐日インド大使のスジャン・チノイ氏、スズキの鈴木修会長
  • 左から、スズキの鈴木俊宏社長、駐日インド大使のスジャン・チノイ氏、スズキの鈴木修会長
  • スズキ『バレーノ』
スズキは3月9日、コンパクトハッチバックの新モデル『バレーノ』を同日から順次発売すると発表した。インド子会社のマルチ・スズキから初めて調達するモデルとなる。

スタイリッシュな外観と質感のある内装を採用、幅広い層をターゲットにし、国内での登録車販売拡大につなげる。エンジンは新開発の1リットル・ターボ(発売は5月)と、自然吸気の1.2リットルを設定。価格はターボが約162万円、1.2リットルが約141万円。年間6000台の販売を計画している。

都内で開いた発表会で鈴木俊宏社長は「『スイフト』の兄貴分となる。インドのマネサール工場から日本や欧州にも供給するグローバルモデルだ」と述べた。スズキは15年に、ハンガリーのマジャール・スズキから『エスクード』など2モデルの輸入も開始している。鈴木社長は「為替変動にも対応し、世界最適生産、最適調達の体制を打ち立てていきたい」と、表明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

    【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

  2. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  3. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

    【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  4. 【ペブルビーチ16】BMW、謎のコンセプトカーを初公開へ

  5. 日産 GT-R、レクサス RC FとBMW M4 と加速競争[動画]

  6. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  7. 【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

  8. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

  9. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  10. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら