【スズキ バレーノ】鈴木社長「インドから供給するグローバルモデル」

自動車 ニューモデル 新型車

左から、スズキの鈴木俊宏社長、駐日インド大使のスジャン・チノイ氏、スズキの鈴木修会長
  • 左から、スズキの鈴木俊宏社長、駐日インド大使のスジャン・チノイ氏、スズキの鈴木修会長
  • スズキ『バレーノ』
スズキは3月9日、コンパクトハッチバックの新モデル『バレーノ』を同日から順次発売すると発表した。インド子会社のマルチ・スズキから初めて調達するモデルとなる。

スタイリッシュな外観と質感のある内装を採用、幅広い層をターゲットにし、国内での登録車販売拡大につなげる。エンジンは新開発の1リットル・ターボ(発売は5月)と、自然吸気の1.2リットルを設定。価格はターボが約162万円、1.2リットルが約141万円。年間6000台の販売を計画している。

都内で開いた発表会で鈴木俊宏社長は「『スイフト』の兄貴分となる。インドのマネサール工場から日本や欧州にも供給するグローバルモデルだ」と述べた。スズキは15年に、ハンガリーのマジャール・スズキから『エスクード』など2モデルの輸入も開始している。鈴木社長は「為替変動にも対応し、世界最適生産、最適調達の体制を打ち立てていきたい」と、表明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  5. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  6. BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円

  7. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  8. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  9. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  10. 【ニュル24時間 2016】トヨタ C-HR、レーシングカーが完成

アクセスランキングをもっと見る