VW米国販売、13.2%減の2.2万台…4か月連続で減少   2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン ティグアン
  • フォルクスワーゲン ティグアン
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・パサート(北米仕様)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(北米仕様)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは3月1日、2月の新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は2万2321台。前年同月比は13.2%減と、4か月連続で前年実績を下回った。

フォルクスワーゲンに関しては2015年9月、米国EPA(環境保護局)の発表により、排出ガス試験を不正にクリアする目的で、一部ディーゼル車に違法なソフトウェアを搭載していたことが発覚。その影響が販売面に表れている。

2月の車種別の販売結果は、主力車の『ジェッタ セダン』が9375台で、前年同月比は8.3%減と、引き続き減少。主力ミドルセダンの『パサート』(欧州仕様とは異なる北米専用車)は、改良新型モデル投入を控えて、30.6%減の4380台と、4か月連続のマイナスとなった。

また、『ゴルフ』シリーズは、前年同月比7%減の3645台と、2か月連続のマイナス。なお、『ゴルフ ヴァリアント』は集計方法を変更。前年同月は『ジェッタ・スポーツワゴン』として集計されていたが、現在は『ゴルフ』シリーズにカウントされている。

この他の車種では、『ティグアン』が前年同月比78.4%増の3245台と、2月の記録を更新。『ザ・ビートル』は52.1%減の912台と、引き続き落ち込む。

フォルクスワーゲンの2015年米国実績は、34万9440台。前年同期比は4.8%減と、3年連続で前年を下回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. カレコ、メルセデス100台以上をカーシェア車両として導入

    カレコ、メルセデス100台以上をカーシェア車両として導入

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

    ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  4. アウディ松本、移転リニューアル…最新CI/CDを導入

  5. ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

  6. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  7. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  8. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  9. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る