松浦鉄道、4月15日に運賃改定…平均10%値上げ

鉄道 企業動向

松浦鉄道は4月15日に運賃を改定する。写真は相浦駅に到着した松浦鉄道の列車。
  • 松浦鉄道は4月15日に運賃を改定する。写真は相浦駅に到着した松浦鉄道の列車。
  • 改定率は平均10%の値上げになる。写真は佐世保の中心街を走る松浦鉄道の列車。
松浦鉄道は2月26日、国土交通省九州運輸局長に上限運賃の変更認可を申請した。認可された場合、4月15日に運賃を改定する。

松浦鉄道は、北松浦半島を周回する有田(佐賀県有田町)~伊万里(伊万里市)~たびら平戸口(長崎県平戸市)~佐世保(佐世保市)間93.8kmの西九州線を運営する第三セクター。1988年4月、JR九州から経営を引き継いだ。

発表によると、全体の改定率は平均10%。普通運賃(大人)は上限運賃ベースの場合、有田~伊万里間が現在より40円高い460円に。佐々~佐世保間は60円値上げの630円、北佐世保~佐世保間が20円値上げの230円になる。

一方、上限運賃の認可後に届け出る予定の実施運賃ベースでは、有田~伊万里間が460円(40円値上げ)、佐々~佐世保間が500円(50円値上げ)、北佐世保~佐世保間が170円(20円値上げ)になる。

松浦鉄道の運賃改定は2005年1月10日以来、消費税率の変更に伴うものを除くと11年ぶり。同社によると、利用者の減少による収入の減少に加え、老朽化したトンネルの安全対策などの問題が浮上し、「運行の安全対策が急務」になっているという。こうした状況を受けて、運賃を改定することにした。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

    JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  4. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  5. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  6. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  7. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  8. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  9. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  10. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

アクセスランキングをもっと見る