松浦鉄道、4月15日に運賃改定…平均10%値上げ

鉄道 企業動向

松浦鉄道は4月15日に運賃を改定する。写真は相浦駅に到着した松浦鉄道の列車。
  • 松浦鉄道は4月15日に運賃を改定する。写真は相浦駅に到着した松浦鉄道の列車。
  • 改定率は平均10%の値上げになる。写真は佐世保の中心街を走る松浦鉄道の列車。
松浦鉄道は2月26日、国土交通省九州運輸局長に上限運賃の変更認可を申請した。認可された場合、4月15日に運賃を改定する。

松浦鉄道は、北松浦半島を周回する有田(佐賀県有田町)~伊万里(伊万里市)~たびら平戸口(長崎県平戸市)~佐世保(佐世保市)間93.8kmの西九州線を運営する第三セクター。1988年4月、JR九州から経営を引き継いだ。

発表によると、全体の改定率は平均10%。普通運賃(大人)は上限運賃ベースの場合、有田~伊万里間が現在より40円高い460円に。佐々~佐世保間は60円値上げの630円、北佐世保~佐世保間が20円値上げの230円になる。

一方、上限運賃の認可後に届け出る予定の実施運賃ベースでは、有田~伊万里間が460円(40円値上げ)、佐々~佐世保間が500円(50円値上げ)、北佐世保~佐世保間が170円(20円値上げ)になる。

松浦鉄道の運賃改定は2005年1月10日以来、消費税率の変更に伴うものを除くと11年ぶり。同社によると、利用者の減少による収入の減少に加え、老朽化したトンネルの安全対策などの問題が浮上し、「運行の安全対策が急務」になっているという。こうした状況を受けて、運賃を改定することにした。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

    JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  2. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

    川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  3. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

    JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  4. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  5. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発SL列車の運転で記念切符発売

  6. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  7. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  8. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  9. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  10. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

アクセスランキングをもっと見る