JXエネルギー、関西初のSS一体型水素ステーションを茨木市に開所…全国20か所目

自動車 ビジネス 国内マーケット

JXエネルギーは2月29日、大阪府茨木市の「Dr.Driveセルフ茨木インター店」に関西初となるSS一体型水素ステーションを開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。これまで、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県に19か所の水素ステーションを順次開所し、水素販売を開始しており、同ステーションの開所で、合計20か所になる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  3. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  4. 日本板硝子、長波長紫外線をカットする自動車向けガラス製品化へ…世界初

  5. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  6. 益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

  7. マセラティ クアトロポルテ と ギブリ、米国でリコール…ATに不具合

  8. 【ものづくりワールド16】旭硝子、スマートウォッチを利用した現場効率化ソリューションを提案

  9. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  10. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

アクセスランキングをもっと見る