青い森鉄道キャラクター「モーリー」、LINEスタンプに

鉄道 企業動向

「モーリー」LINEスタンプのイメージ。1セット120円で販売されている。
  • 「モーリー」LINEスタンプのイメージ。1セット120円で販売されている。
  • 「モーリー」は青い森鉄道のキャラクター。車両のラッピングデザインなどで使われている。
青い森鉄道(青森県)はこのほど、同社のイメージキャラクター「モーリー」などをデザインしたLINEスタンプ「モーリー ドットコレクション」の販売を開始した。

同社によると、「テレビゲームを彷彿させるドット絵」で、40種類のスタンプをセット。以前から「モーリーのLINEスタンプを作って欲しい」という要望があり、販売することにした。価格は1セット120円か50LINEコイン。LINEアプリ内「スタンプショップ」で販売されている。

ドット絵風モーリーは「青い森ホリデーフリーきっぷ」の券面でも使われているが、青い森鉄道は「LINEスタンプではより表情豊かなかわいらしいモーリーをお楽しみ頂けます」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

    JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  6. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  7. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  8. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

アクセスランキングをもっと見る