世界初、燃料電池二輪車の安全基準を策定 国交省

自動車 社会 行政

燃料電池二輪車の安全基準を策定(参考画像)
  • 燃料電池二輪車の安全基準を策定(参考画像)
国土交通省は、世界に先駆けて燃料電池二輪自動車の安全基準を策定したと発表した。

国交省では、国内の二輪車メーカーが燃料電池二輪車の開発に注力していることから、圧縮水素ガスを燃料とする二輪車に対する高圧ガス燃料装置の強度、構造、取付け方法などの安全基準を新設する。これによって今後、燃料電池二輪車の普及、国内二輪車メーカーの国際競争力強化に結び付けていく。

今回、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、燃料電池二輪車などに関して、二輪車特有の要件を盛り込んだ高圧ガス燃料装置の強度や構造、取付方法などの安全基準を策定した。

具体的には、圧縮水素ガスを燃料とする二輪自動車・側車付二輪自動車に備えるガス容器と容器附属品(容器安全弁など)に関して転倒時に路面と直接衝突しないことや、ガス容器が衝突・追突時に保護装置を除く他の部品と直接接触しないことなど、容器を保護する技術的要件を義務付ける。

容器安全弁作動時の水素放出では、水素放出方向を特定できるように、放出方向は車両底面垂直方向に義務づける。車両から排出される気体の水素濃度について基準を設ける。

また、車室などの水素濃度が3%を超えた場合、運転者に警告し、4%を超えた場合には燃料の供給を遮断することを義務付ける。

公布・施行は2月23日で、2017年2月23日以降の新型車・継続生産車に適用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

    バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  2. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  3. カメラで無保険車を発見 車両のナンバー読み取りで、国交省実用化へ

    カメラで無保険車を発見 車両のナンバー読み取りで、国交省実用化へ

  4. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  5. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  6. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  7. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  8. ひたちなかICで二輪車を対象に街頭検査…違法マフラー装着バイク1台に整備命令書を交付

  9. 阪神高速を200km/h近い速度で走行した男を逮捕…しかも無保険

  10. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

アクセスランキングをもっと見る