【ジュネーブモーターショー16】グンペルト改め「アポロ」、新型車を初公開へ

自動車 ニューモデル 新型車

アポロNの予告イメージ
  • アポロNの予告イメージ
  • 旧グンペルトの アポロS(参考画像)
経営破綻から再生を果たしたドイツのスポーツカーメーカー、グンペルト(GUMPERT)社。同社が3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16において、新型車を発表する。

グンペルト社は2004年1月、元アウディのモータースポーツ部門統括責任者、ローランド・グンペルト氏がドイツに設立。同年、オリジナルスポーツカーの『アポロ』を発表した。アポロは、宇宙船をイメージしたという独特のフォルムが特徴。その進化形の『アポロスポーツ』は、ニュルブルクリンク北コースにおいて、7分11秒57というラップタイムを記録している。

しかし2012年8月末、グンペルト社は世界的な経済情勢の悪化による販売不振を理由に、破産を申請し、経営破綻。その後、2012年11月の破産手続き開始を経て、新たな出資者による新体制で事業を再開した。

2016年1月、グンペルト社は、社名を「アポロ・オートモビル」に変更。ジュネーブモーターショー16では、新生アポロ第一弾として、『アポロN』を初公開する。

今回、公式Facebookページを通じて、アポロNの予告イメージを1点配信。「世界最速のロードカー」と自信を示している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品