【ジュネーブモーターショー16】スーパーカー、アポロ が「N」に進化…700馬力ツインターボ継続

自動車 ニューモデル モーターショー

アポロ・オートモビルのアポロN
  • アポロ・オートモビルのアポロN
  • アポロ・オートモビルのアポロN
  • アポロ・オートモビルのアポロN
アポロ・オートモビルは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、『アポロN』を初公開した。

経営破綻から再生を果たしたのが、ドイツのスポーツカーメーカー、グンペルト(GUMPERT)社。同社が、アポロ・オートモビルに社名を変更。『アロー』とともに、新生アポロの最初のスーパーカーとなったのが、ジュネーブモーターショー16で発表されたアポロN。

アポロNは、2004年に誕生した『アポロ』シリーズの最新モデル。「世界最速のロードカー」を掲げ、わずか6台のみを生産する計画。

アポロNでは、エアロダイナミクス性能の向上を実施。リアウイングなどのデザインが見直された。リアには、新デザインのディフューザーが組み込まれる。ボディカラーは、ブラック&ホワイトのツートンが選択可能。インテリアは、ダッシュボード中央部やメーターを完全新設計。フルデジタルディスプレイには、ベーシック、スポーツ、レースの3モードが表示される。

パワートレインに変更はない。アウディ製がベースの4.2リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力700psを発生。0-100km/h加速3秒、最高速360km/hのパフォーマンスを備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  7. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  8. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  9. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  10. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら