人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

羽田=米国線が昼間時間帯に就航へ、日米航空交渉が合意

航空 行政

日本と米国との航空当局間協議が、東京で2月16日から18日まで開催され、羽田空港の発着枠拡大で合意した。羽田空港で昼間時間帯に米国線が就航することになえり、乗客の利便性が向上する。

2016年10月末からの冬期スケジュールから昼間時間帯に日米双方の航空会社に1日5便ずつ、深夜早朝時間帯に日米双方の航空会社に1日1便ずつ発着枠を割り当てる。昼間時間帯5便のうち、4便分は現在の深夜早朝時間帯からの移行分となる。

今回の合意は、2014年3月からの羽田空港国際線二次増枠分についての合意となる。具体的な路線や運航会社については、日米それぞれの国内手続きを経て決定する。

羽田=米国間は現在、日本航空がサンフランシスコ線、ホノルル線、全日空がロサンゼルス線、ホノルル線を運航している。また、米国航空会社は、デルタ航空がロサンゼルス線、ユナイテッド航空がサンフランシスコ線、ハワイアン航空がホノルル線、アメリカン航空がロサンゼルス線をデイリー運航している。日米合計で6社が3路線に1日8便を運航しているが、すべて深夜早朝時間帯となっている。

今回の合意で昼間時間帯が1日10便、深夜早朝時間帯が1日2便の合計12便に拡大される。

羽田空港の米国線発着枠を拡大する日米航空交渉は、昨年12月に交渉したものの、話し合いが難航して合意できず、今回約2カ月置いて再交渉していた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  2. 眼下に眺めるブルーインパルス、全国でここだけのポイント[写真蔵]

    眼下に眺めるブルーインパルス、全国でここだけのポイント[写真蔵]

  3. ARを採用した機内アメニティキット、エミレーツ航空が導入へ

    ARを採用した機内アメニティキット、エミレーツ航空が導入へ

  4. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  5. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  6. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  7. 北米エアライン顧客満足度、LCCはジェットブルーが11年連続トップ…2016年JDパワー

  8. シンガポール航空、仁川空港でシルバークリス・ラウンジをオープン

  9. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  10. 日本一さびしい空港最寄駅!? 山口DCまで2年、宇部線草江駅とその周辺[フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る