人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

羽田=米国線が昼間時間帯に就航へ、日米航空交渉が合意

航空 行政

羽田空港
  • 羽田空港
  • 羽田空港出発カウンター(イメージ)
日本と米国との航空当局間協議が、東京で2月16日から18日まで開催され、羽田空港の発着枠拡大で合意した。羽田空港で昼間時間帯に米国線が就航することになえり、乗客の利便性が向上する。

2016年10月末からの冬期スケジュールから昼間時間帯に日米双方の航空会社に1日5便ずつ、深夜早朝時間帯に日米双方の航空会社に1日1便ずつ発着枠を割り当てる。昼間時間帯5便のうち、4便分は現在の深夜早朝時間帯からの移行分となる。

今回の合意は、2014年3月からの羽田空港国際線二次増枠分についての合意となる。具体的な路線や運航会社については、日米それぞれの国内手続きを経て決定する。

羽田=米国間は現在、日本航空がサンフランシスコ線、ホノルル線、全日空がロサンゼルス線、ホノルル線を運航している。また、米国航空会社は、デルタ航空がロサンゼルス線、ユナイテッド航空がサンフランシスコ線、ハワイアン航空がホノルル線、アメリカン航空がロサンゼルス線をデイリー運航している。日米合計で6社が3路線に1日8便を運航しているが、すべて深夜早朝時間帯となっている。

今回の合意で昼間時間帯が1日10便、深夜早朝時間帯が1日2便の合計12便に拡大される。

羽田空港の米国線発着枠を拡大する日米航空交渉は、昨年12月に交渉したものの、話し合いが難航して合意できず、今回約2カ月置いて再交渉していた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 「オレンジ」のKLM特別塗装機、リオデジャネイロへ出発

    「オレンジ」のKLM特別塗装機、リオデジャネイロへ出発

  2. 福岡空港運営の民間委託に向けて意見募集

    福岡空港運営の民間委託に向けて意見募集

  3. トルコのLCCペガサス・エアラインズ、A320neoを受領…LEAP-1Aエンジン搭載

    トルコのLCCペガサス・エアラインズ、A320neoを受領…LEAP-1Aエンジン搭載

  4. ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

  5. 国土交通省が「ドローンポート」を整備へ…荷物配送

  6. ドローンを活用した測量サービス、テラドローンと日立建機が開始

  7. エールフランス、パイロットによるストライキの最新情報を発表…12日も一部便欠航へ

  8. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  9. 【夏休み】ボーイングが創立100周年…記念イベント実施

  10. ANA、障がい者雇用を促進…宮崎市に「青島ファクトリー」を開設

アクセスランキングをもっと見る