羽田=米国線が昼間時間帯に就航へ、日米航空交渉が合意

航空 行政

日本と米国との航空当局間協議が、東京で2月16日から18日まで開催され、羽田空港の発着枠拡大で合意した。羽田空港で昼間時間帯に米国線が就航することになえり、乗客の利便性が向上する。

2016年10月末からの冬期スケジュールから昼間時間帯に日米双方の航空会社に1日5便ずつ、深夜早朝時間帯に日米双方の航空会社に1日1便ずつ発着枠を割り当てる。昼間時間帯5便のうち、4便分は現在の深夜早朝時間帯からの移行分となる。

今回の合意は、2014年3月からの羽田空港国際線二次増枠分についての合意となる。具体的な路線や運航会社については、日米それぞれの国内手続きを経て決定する。

羽田=米国間は現在、日本航空がサンフランシスコ線、ホノルル線、全日空がロサンゼルス線、ホノルル線を運航している。また、米国航空会社は、デルタ航空がロサンゼルス線、ユナイテッド航空がサンフランシスコ線、ハワイアン航空がホノルル線、アメリカン航空がロサンゼルス線をデイリー運航している。日米合計で6社が3路線に1日8便を運航しているが、すべて深夜早朝時間帯となっている。

今回の合意で昼間時間帯が1日10便、深夜早朝時間帯が1日2便の合計12便に拡大される。

羽田空港の米国線発着枠を拡大する日米航空交渉は、昨年12月に交渉したものの、話し合いが難航して合意できず、今回約2カ月置いて再交渉していた。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品