【リコール】三菱 デリカ など37万台、ヘッドライトなどがつかなくなるおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

三菱 デリカD:5(参考画像)
  • 三菱 デリカD:5(参考画像)
  • 改善箇所
三菱自動車は2月18日、『デリカ』などのターン/ライトスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『デリカ』『アウトランダー』『ギャラン』『ランサーエボリューション』『パジェロ』『アイ』『i-MiEV』『ミニキャブ-MiEV』『EV-エブリイ』9車種で、2005年9月22日から2014年10月1日に製造された37万1518台。また、車両は特定できないが、2005年11月1日から2014年9月24日に交換修理部品として出荷された745個も対象となる。

ターン/ライトスイッチが取付剛性不足のため、スイッチ操作によりコネクターの端子が摩耗し、その摩耗屑が酸化して絶縁物が生成されるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、絶縁物が端子の間にかみ込み、導通不良となり、ヘッドライトや車幅灯、フォグランプ、テールランプ、ナンバープレートランプ、ウインカーなどがつかなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、コネクター端子部(二箇所)にグリースを塗布する。

不具合は53件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

    タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  3. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

    【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  4. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  5. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  8. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  9. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  10. ダイハツ、企業情報サイトを刷新…スマホにも対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら