国土交通省、関西から首都圏へ災害支援物資を海上輸送する実効性を検証

船舶 行政

首都直下地震時に備え災害支援物資の海上輸送演習を実施
  • 首都直下地震時に備え災害支援物資の海上輸送演習を実施
  • 首都直下地震時に備え災害支援物資の海上輸送演習を実施
  • 首都直下地震時に備え災害支援物資の海上輸送演習を実施
国土交通省は、行政機関や民間企業と協力し、2月15日、16日に、関西地域から首都地域へ災害支援物資を海上輸送して海上交通を活用した災害支援物資運搬について実効性を検証する。

首都地域には人口が密集しており、首都直下地震時には大量の災害支援物資が必要になることが想定されるため、輸送ルートの確保が重要となっている。首都直下地震が発生した想定の下、大量の物資を輸送できる海上輸送ルートの確保に向けて、被災を免れた関西地域から被災地である首都地域へ実際に災害支援物資を海上輸送し、海上交通を活用した災害支援物資運搬について実効性を検証するもの。

具体的には、関西地域からの災害支援物資としてパレット20枚分を集積し、大阪港から川崎港の基幹的広域防災拠点(東扇島地区)まで貨物船で海上輸送して、基幹的広域防災拠点(東扇島地区)からトラックにより東京都と神奈川県内の防災拠点に選定されている施設へ輸送する。

国交省では、大規模災害発生時、陸・海・空の輸送手段を最大限に活用できるよう、「即応型災害支援物資輸送計画」を策定する計画で、今回の検証で得られた知見を計画に活かしていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

    視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  2. 【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

    【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

  3. 東京港75周年「東京みなと祭」は貴重な船にふれあえるチャンス

    東京港75周年「東京みなと祭」は貴重な船にふれあえるチャンス

  4. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  5. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  6. 車椅子専用マリンスポーツ施設、クラウドファンディングで支援募集

  7. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  8. 世界最大級客船の名前は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」に決定…ロイヤル・カリビアン

  9. 【シージャパン16】水難救助に威力を発揮…投げて水中で膨らむ浮き輪

  10. 巡視船せっつ搭載ヘリコプターの愛称は「しらさぎ」に

アクセスランキングをもっと見る