人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

国土交通省、関西から首都圏へ災害支援物資を海上輸送する実効性を検証

船舶 行政

国土交通省は、行政機関や民間企業と協力し、2月15日、16日に、関西地域から首都地域へ災害支援物資を海上輸送して海上交通を活用した災害支援物資運搬について実効性を検証する。

首都地域には人口が密集しており、首都直下地震時には大量の災害支援物資が必要になることが想定されるため、輸送ルートの確保が重要となっている。首都直下地震が発生した想定の下、大量の物資を輸送できる海上輸送ルートの確保に向けて、被災を免れた関西地域から被災地である首都地域へ実際に災害支援物資を海上輸送し、海上交通を活用した災害支援物資運搬について実効性を検証するもの。

具体的には、関西地域からの災害支援物資としてパレット20枚分を集積し、大阪港から川崎港の基幹的広域防災拠点(東扇島地区)まで貨物船で海上輸送して、基幹的広域防災拠点(東扇島地区)からトラックにより東京都と神奈川県内の防災拠点に選定されている施設へ輸送する。

国交省では、大規模災害発生時、陸・海・空の輸送手段を最大限に活用できるよう、「即応型災害支援物資輸送計画」を策定する計画で、今回の検証で得られた知見を計画に活かしていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 三菱重工など4社、造船事業での提携を協議

    三菱重工など4社、造船事業での提携を協議

  2. AIを活用して海運市況を予測…商船三井と横浜国大が共同研究

    AIを活用して海運市況を予測…商船三井と横浜国大が共同研究

  3. アメリカ海軍の強襲揚陸艦、USSボノム・リシャール[写真蔵]

    アメリカ海軍の強襲揚陸艦、USSボノム・リシャール[写真蔵]

  4. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  5. 海上保安庁、自律型海洋観測装置を導入---リアルタイムな把握

  6. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

  7. 国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

  8. 【ジャパンボートショー13】津波発生時の救命艇シェルター…ミズノマリン

  9. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  10. 自動車専用船「APHRODITE LEADER」に720人の見学者...日本郵船

アクセスランキングをもっと見る