「駅構内ナビ」アプリ、新宿駅に対応…Androidからも利用可能に

鉄道 企業動向

Suicaコインロッカーの空き情報も確認可能に
  • Suicaコインロッカーの空き情報も確認可能に
  • 現在位置、経路案内とガイダンスを表示
  • 施設リスト
  • メール送付などにより位置情報を相手と共有可能
  • 「JR東日本 駅構内ナビ」アプリアイコン
 東日本旅客鉄道(JR東日本)は9日、昨年度東京駅で試行した「駅構内ナビ」アプリについて、バージョンアップを行ったことを発表した。新宿駅に対応するとともに、Android端末向けアプリの提供も開始する。

 JR東日本では、ICT活用によるサービス品質向上のための研究開発に取り組んでおり、昨年度より、現在位置や目的地までの経路等を案内する、スマートフォン向け駅構内ナビゲーションアプリの開発を行っている。同アプリは、現在位置を表示する機能、出発地から目的地までの経路案内、目印となる施設を利用した経路ガイダンスなどを提供している。

 今回新たに新宿駅も対象に加え、試行を実施する。機能面では、ビーコンやWi-Fiによる現在位置表示に加え、利用者の位置を共有する機能を提供する(位置共有画面の表示はiPhoneのみ対応)。また、リアルタイム情報として「Suicaコインロッカー」の空き情報が確認可能となった。

 アプリは無料でダウンロード可能。試行期間は3月18日までの予定。

「駅構内ナビ」アプリ、新宿駅に対応……Androidからも利用可能に

《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

    西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  2. 駅のホームドア整備を促す安全性向上検討会で、一般乗客への誘導案内依頼も議論

    駅のホームドア整備を促す安全性向上検討会で、一般乗客への誘導案内依頼も議論

  3. 東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

    東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

  4. 北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

  5. JR東日本、男鹿線に蓄電池電車「EV-E801系」導入へ

  6. 日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

  7. 近鉄南大阪線・吉野線の新たな観光特急は『青の交響曲』…9月10日から運行

  8. 鉄道の災害運休区間、約50kmの大幅減に…7月末

  9. 北陸新幹線乗り入れ、敦賀駅大改造プラン…動く歩道でつなぐホーム

  10. 近鉄、南大阪線・吉野線で観光特急運行へ…一般車両を改造

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら