銚子電鉄、デハ1001の引退記念列車を運行…2月27・28日

鉄道 企業動向

2月に引退するデハ1001。昨年引退したデハ1002とともに銚子電鉄にやってきた元営団地下鉄(現・東京地下鉄)丸の内線の車両だった。
  • 2月に引退するデハ1001。昨年引退したデハ1002とともに銚子電鉄にやってきた元営団地下鉄(現・東京地下鉄)丸の内線の車両だった。
銚子電気鉄道は、3000形の導入により引退するデハ1000形1001号を記念した「おつかれさまデハ1001イベント」を2月27・28日に開催する。開催時間は両日とも10時から16時30分まで。

デハ1001は、帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現在の東京地下鉄)丸ノ内線方南町支線で使われていた2000形2046号で、銚子電鉄には1994年に入線した。入線に際しては、2033号の運転台を流用して両運転台化。一時は、ゲーム「桃太郎電鉄」のラッピング車両となったことがあったが、現在は営団地下鉄銀座線カラーに変更されている。同時に入線したデハ1002は昨年1月に引退している。

イベントではおつかれさま運転として銚子9時49分発から銚子15時08分着まで銚子~外川間を運行。ヘッドマークも付けられるが、デザインは27日と28日で異なる。28日には銚子15時08分着後に運転士への花束贈呈を行う。また、仲ノ町車庫では、両日とも15時30分から16時30分までデハ1001とデハ1002を並べて展示する。こちらは入場券(150円)が必要。

このほか10時から15時までOTS犬吠埼温泉犬吠駅前広場で記念乗車券やグッズを発売。2月24~29日11~21時には、外川駅東側のレストラン「GARE」石蔵ギャラリーでデハ1001の引退記念写真展を開催する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  3. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  4. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  5. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  6. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 札幌市地下鉄17年ぶりの新車「9000形」が東豊線にデビュー

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

アクセスランキングをもっと見る