鬼怒川ゴム、操業度アップやコスト削減効果で営業増益…2015年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

鬼怒川ゴム(ウェブサイト)
  • 鬼怒川ゴム(ウェブサイト)
鬼怒川ゴム工業は、2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比11.9%減の46億3700万円と減益だった。

売上高は同4.9%増の577億3300万円だった。中国で主要納入先の自動車生産台数の増加や新規取引先向けの拡販、メキシコの売上げ拡大などで増収となった。

営業利益はアジアの売上げ拡大による操業度アップや原材料の現地調達拡大、コスト削減、米州の収益改善活動による黒字化の効果で、同19.5%増の55億0800万円と増益だった。四半期純利益は同15.2%減の26億7800万円と減益だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

    【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  2. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  3. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. HERE、トヨタの「Touch 2 with Goマルチメディアシステム」に地図データが採用

  6. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  7. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  8. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  9. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  10. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

アクセスランキングをもっと見る