JXエネルギー、相模原市2か所目の移動式商用水素ステーションを開所

自動車 ビジネス 国内マーケット

相模原南水素ステーション
  • 相模原南水素ステーション
JXエネルギーは2月5日、神奈川県相模原市南区に「相模原南水素ステーション(移動式)」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、昨年11月17日に開所した「相模原中央水素ステーション(移動式)」に続き、相模原市内2か所目の水素ステーションとなる。営業日は毎週水曜日および金曜日。営業時間は12時から14時。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、先行整備として約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回の開所も含め、現在、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、福岡県の1都5県で、固定式13か所、移動式4か所の合計17か所の水素ステーションにて販売を行っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら