コンチネンタル、全世界で約500万台リコール…エアバッグ制御ユニットに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタル。同社製のエアバッグの不具合により、全世界でおよそ500万台がリコール(回収・無償修理)されることが分かった。

これは2月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「コンチネンタルから、エアバッグ制御ユニットに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

NHTSAによると、コンチネンタル製のエアバッグ制御ユニットに不具合があり、事故の際、エアバッグが正常に展開しない恐れがあるという。

リコールの対象になるのは、2006年1月初頭から2010年12月末までに製造されたエアバッグ制御ユニット。多くの自動車メーカーに納入されており、全世界でおよそ500万台がリコールに該当する。

コンチネンタルは、不具合のあるエアバッグ制御ユニットに関する情報を、自動車メーカーに開示。自動車メーカーが、顧客と連絡を取り、リコール対応を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  3. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  6. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. 名神集中工事、5月30日~6月4日および6月6日~11日…昼夜連続車線規制など

  9. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  10. GT-R × ギルドデザイン、ジュラルミン製iPhoneケースを発売

アクセスランキングをもっと見る