JR西日本、山陰線田儀駅の土砂流入で一部運休

鉄道 企業動向

田儀駅(島根県出雲市)の土砂流入についてJR西日本は2月2日、同駅を含む区間の当面の運行計画を発表した。

田儀駅は山陰本線小田~波根間にある駅。単線区間内の駅だが島式ホーム1面2線を持ち、上下列車の行き違いに対応している。1月30日には駅構内に土砂が流入し、2線のうち山側の線路が使用できない状態となった。

発表によると、海側の1線のみ使用して徐行運転を行っているほか、列車の行き違いを行う駅を変更したが、これにより出雲市~益田間で最大40分程度の遅れが出ているという。このため、2月3日から出雲市~大田市間で一部の列車の運転を取りやめ、遅れの低減を図ることにした。

全ての区間で運休するのは、出雲市11時08分発の大田市行きなど普通列車6本。出雲市15時09分発の浜田行きなど普通列車3本は出雲市~大田市間のみ運休する。運休する9本のうち4本はバスによる代行輸送を行う。これ以外の一部の列車も、米子~益田間で運行時刻を変更する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  4. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  5. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  6. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  7. 東武200系台湾色、6月21日に佐野線へ…スバルとセメントの街・葛生のいまむかし

  8. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  9. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  10. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

アクセスランキングをもっと見る