日本製スポーツカーの米国販売…86 / BRZ は減少、ロードスター と Z は増加 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • サイオン FR-S(トヨタ86)
  • スバルBRZの2016年モデル
前年比5.7%増の1747万0499台を販売し、6年連続で前年実績を上回った2015年の米国新車市場。日本製スポーツカーの販売結果がまとまった。

これは、各社がまとめたデータから明らかになったもの。トヨタ『86』、日産『GT-R』/『フェアレディZ』、マツダ『ロードスター』、スバル『BRZ』など、日本製のスポーツカーは米国で売れたのか。

まずは、トヨタ86。同車は米国では、サイオンブランドの『FR-S』として販売されている。2015年実績は、1万0507台。前年比は25.3%減と、2年連続のマイナス。スーパーカーのレクサス『LFA』は、9台を登録。すでに限定500台の生産を終了したLFAは、2014年の17台から減少している。

スバル(富士重工)は、トヨタ86の兄弟車の『BRZ』が5296台を販売。前年比は29.4%減と、86と同様、2年連続で落ち込む。『WRX』と『WRX STI』は、合計で3万3734台を販売。前年比は32.3%増と、2014年に次いで大きく伸びた。

マツダ ロードスターは、米国では『MX-5ミアタ』としてお馴染み。2015年の販売台数は、8591台。新型の発売の効果で、前年実績に対して1.8倍とプラスに転じた。

日産自動車は、GT-Rが1105台を登録。前年比は23.1%減と、マイナスに転じた。現地では『370Z』として販売されるフェアレディZは、前年比2.7%増の7391台と、2年連続で前年実績を上回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  3. スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

    スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

  4. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  5. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  6. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  7. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  8. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  9. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  10. 日産、デイズ 販売停止の影響で国内販売26.2%減…5月実績

アクセスランキングをもっと見る