日本製スポーツカーの米国販売…86 / BRZ は減少、ロードスター と Z は増加 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • サイオン FR-S(トヨタ86)
  • スバルBRZの2016年モデル
前年比5.7%増の1747万0499台を販売し、6年連続で前年実績を上回った2015年の米国新車市場。日本製スポーツカーの販売結果がまとまった。

これは、各社がまとめたデータから明らかになったもの。トヨタ『86』、日産『GT-R』/『フェアレディZ』、マツダ『ロードスター』、スバル『BRZ』など、日本製のスポーツカーは米国で売れたのか。

まずは、トヨタ86。同車は米国では、サイオンブランドの『FR-S』として販売されている。2015年実績は、1万0507台。前年比は25.3%減と、2年連続のマイナス。スーパーカーのレクサス『LFA』は、9台を登録。すでに限定500台の生産を終了したLFAは、2014年の17台から減少している。

スバル(富士重工)は、トヨタ86の兄弟車の『BRZ』が5296台を販売。前年比は29.4%減と、86と同様、2年連続で落ち込む。『WRX』と『WRX STI』は、合計で3万3734台を販売。前年比は32.3%増と、2014年に次いで大きく伸びた。

マツダ ロードスターは、米国では『MX-5ミアタ』としてお馴染み。2015年の販売台数は、8591台。新型の発売の効果で、前年実績に対して1.8倍とプラスに転じた。

日産自動車は、GT-Rが1105台を登録。前年比は23.1%減と、マイナスに転じた。現地では『370Z』として販売されるフェアレディZは、前年比2.7%増の7391台と、2年連続で前年実績を上回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  3. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

    軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  4. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  5. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. ホンダ、軽自動車販売が18か月ぶりのプラス…4月実績

  8. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

  10. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

アクセスランキングをもっと見る