日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

日産 アルティマ
  • 日産 アルティマ
  • 日産アルティマ
日産自動車の米国市場における主力車種、『アルティマ』。同車が米国において、およそ84万台を再リコール(回収・無償修理)することが分かった。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。日産の米国法人、北米日産から、アルティマに関する再リコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールはまず、2014年10月に発表された。アルティマのボンネットのロック機構に不具合があり、走行中、ボンネットが突然開く恐れがあるという内容。リコールの対象となるのは、2012年3月から2013年3月にかけて生産された2013年モデルのアルティマの一部、22万0423台だった。

2015年3月には、追加リコールを発表。同様の不具合が2013-2015年モデルのアルティマでも見つかったため、追加でリコール。2013年3月から2014年12月末にかけて生産された62万5000台が、リコールに該当する。

今回の再リコールは、当初の対策では、リスクを完全に払拭できない可能性があるため、行われる。対象は、2度のリコールの合計およそ84万6000台。日産自動車の北米法人、北米日産では、対象車両の顧客に連絡。2月から、ボンネットのラッチを交換するリコール作業を行う方針。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  7. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  8. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  9. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  10. 新型 シビック タイプR がレンタカーに…3時間1万5750円から

アクセスランキングをもっと見る