【日産 セレナ 試乗】理屈抜きで運転しやすいベストセラーカー…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

【日産 セレナ 試乗】理屈抜きで運転しやすいベストセラーカー…島崎七生人

試乗記 国産車

日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
“安定感”とでも言おうか。2010年11月の登場から5年を超え、今年、フルモデルチェンジの話も聞こえてきた。けれど、たとえ最新ライバル他車と較べても、決して見劣りしないどころか、しっかりと“現役感”を出しているところがベストセラーカーらしい。

試乗して感じたのは、快適性、実用性、機能性は未だに十分なレベルということ。とくにベルトラインが低く周囲の視界が明るく、理屈抜きで運転しやすいのは魅力。サッと乗り込んで、自分の手足のようにあつかえる。

全車8名乗りなのもアドバンテージ。また3列目シートのスペースの広さも実用的だ。この3列目のシートは床下格納式でこそないものの、そのかわり床下に大きく掘り込まれたスペースは、シートアレンジのどのパターンでもそのまま活用できるメリットがある。

走りも軽快で試乗車(ミシュラン・プライマシーLC装着)は、しなやかで安定感も十分なミニバンらしい乗り味を出しており、実は今回の試乗で見直した次第。ハイブリッドを採用したパワートレインも、日常的な使用シーンで何か違和感を覚えるようなことはない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品