【日産 ノート 試乗】鮮やかに方向転換、身軽さは軽自動車並み…島崎七生人

試乗記 国産車

日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
日産『ノート』で注目したいのは、取り回し性のよさだ。14インチタイヤ装着の試乗車はとくにそうで、最小回転半径は4.7mの小ささ。実際に体験してみればわかるが、狭い場所でもクルッと鮮やかに方向転換をやってのける身軽さは、ほとんど軽自動車並みだ。都心のスーパーの駐車場など手狭な場所で、この扱いやすさは間違いなく威力を発揮する。

搭載エンジンは3気筒だが、ネガティブな要素はまったくない。スーパーチャージャーは高回転時など必要に応じて働くものの、通常の走らせ方で異質な感触はない。ただ燃費は、以前の試乗経験からいうと、漠然とアクセルを踏み込んで走るとそれなりの結果になる傾向があった。CVTであることを念頭に、右足での最適なアクセル操作を少し意識しながら走れば燃費が伸びるタイプだ。乗り味は比較的フラットで、粗さが先に立たない感触なのがいい。

外観はごくプレーン。最新モデルに設定される2トーンのルーフの“白”は?マーク。せっかくのカタマリ感のあるキレイなフォルムには余分なのでは?…というのが個人的な見解だ。

高すぎない着座位置で、運転姿勢は乗用車感覚。室内スペースは前後とも十分だ。「メダリスト」に設定の合皮内装は、なかなか落ち着きがあり、このクラスでは貴重な大人でも乗りこなせるグレード。ノートに限らず、コンパクトカーでもこうした幅広くユーザーを受け入れてくれる仕様は歓迎だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

    【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  2. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

    【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

    【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  4. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  5. 【マツダ アクセラ 試乗】経済性を重視するなら文句なしの「1.5 ディーゼル」…中村孝仁

  6. 【ルノー カングー 6MT 試乗】このスノッブさは初代オーナー向き!?…島崎七生人

  7. 【マツダ アクセラ 試乗】同乗者に絶対喜ばれる「Gベクタリングコントロール」…会田肇

  8. 【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

  10. 【ルノー カングー 800km試乗】1.2L+6MT、欠点さえも魅力と思わせる「これぞフランス車」…井元康一郎

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら