【日産 ノート 試乗】フットワークは軽やかで、思いのほかスポーティ…片岡英明 | レスポンス(Response.jp)

【日産 ノート 試乗】フットワークは軽やかで、思いのほかスポーティ…片岡英明

試乗記 国産車

日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
  • 日産 ノート
日産『ノート』は、1クラス上のプレミアム感と広くて快適なキャビンをセールスポイントにする上級指向のコンパクトカーだ。2BOXならではの高い機動性に加え、ワゴン的な魅力も秘めているなど、マルチな才能を持つ。

現行モデルは2015年7月にマイナーチェンジを行い、登場した。ボディカラーは10色を用意しているが、この基本カラーのほかに、ルーフとドアミラーをブリリアントホワイトに塗り分けた粋な2トーンのボディカラーもある。

エンジンの主役は、ダウンサイジングを図り、高膨張比のミラーサイクルと高圧縮比によって燃費向上を図った1.2リットルの直列3気筒DOHC直噴スーパーチャージャーだ。3気筒エンジンというと、振動やノイズが気になるクルマが多い。だが、ノートは上手に抑え込み、知らされなければ4気筒エンジンだと思ってしまうほど滑らかだ。クルージングしているときも静かである。ミラーサイクルエンジンはトルクの細さが気になるが、この弱点をスーパーチャージャーの助けを借りて解消した。アクセルを踏み込むと、低回転からトルクが素直に立ち上がり、軽やかにスピードメーターの針が上昇していく。体感加速は1.5リットルエンジン並みだ。

しかも急加速するとき以外は、スーパーチャージャーを電気クラッチで切り離すから燃費も悪化しない。JC08モード燃費は自然吸気エンジン搭載車を凌ぐほどで、26.2km/リットルの好燃費を実現している。スーパーチャージャーは稼働しないが、街中の混んだ道でも扱いやすかった。フットワークは軽やかで、思いのほかスポーティだ。狙ったラインに乗せやすく、スピードを上げて行くと、どっしりとした落ち着きが加わる。デビューしたときは、乗り心地にちょっと荒さが見られたし、小刻みな振動も気になった。だが、最新モデルは足の動きがよくなり、雑な乗り味が失せている。

キャビンは大人4人が無理なく座れる広さを確保した。後席でもゆったりと寛げる。ラゲッジルームも満足できる広さだ。大型のベビーカーも積みやすいなど、高い実用性を誇る。X DIG-Sは買い得感が高いだけでなくエコカー減税も100%だから魅力は大きい。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

片岡英明│モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。新車からクラシックカーまで、年代、ジャンルを問わず幅広く執筆を手掛け、EVや燃料電池自動車など、次世代の乗り物に関する造詣も深い。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員
《片岡英明》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品